このホームページは市民のみなさんと私たち日本共産党大分市議団を結ぶ架け橋です。私たちの取り組みや、市政の争点・問題点などを随時更新していきます。みなさんのご意見をお聞かせください。
9月3日(月)、第3回定例会が開会しました。会期は9月28日(金)までです。党議員団はこの議会に2つの意見書を提出しました。詳しいことは順次このHPでもご案内します。
リ ン ク 集
 ●福間 健治(大分市議)
 ●斉藤由美子(大分市議)
 ●日本共産党日田市議団
 ●猿渡久子(元別府市議)
 ●今石靖代(宇佐市議)
 ●神志那文寛(豊後大野市議)
 岩崎貴博議員の一般質問要旨 (2018.9.21)
最低賃金について質問します。最低賃金は「8時間働けばふつうにくらせる社会」を実現するため、最低限の生活保障にふさわしい額にすることが必要だと考えます。ところが今年、中央最低賃金審議会小委員会が示した全国加重平均で時給26円増という目安額は、安倍政権の掲げる「年率3%」に沿っただけで、生活保障と格差是正には……(詳しくはこちら
 福間健治議員団長の一般質問要旨 (2018.9.9)
日本共産党のふくま健治です。質問通告に基づき6項目について質問します。はじめに平和問題、核兵器廃絶について、質問します。被爆73年を迎えた8月2日から9日まで、広島と長崎で開催された原水爆禁止2018年世界大会には、海外23か国、91人をはじめ、広島大会に6000人、長崎大会に1500人の代表が参加し、核兵器禁止条約の……(詳しくはこちら
 党議員団、意見書案を提出 (2018.9.8)
日本共産党大分市議団は、この議会に対して「旧優生保護法による強制避妊手術の被害者に対する早急な救済を求める意見書(案)」と「伊方原発の再稼働中止を求める意見書(案)」の意見書を提出しました。これは地方自治法第99条「普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は……(詳しくはこちら
 第3回定例会特集ページができました (2018.9.7)
延長された通常国会も閉会しましたが、西日本豪雨災害への対応、終戦73年目の原水爆禁止世界大会の開催、そしておなが沖縄県知事の死去にともなう、沖縄県知事選が告示されるさなかでの市議会となります。党議員団は、8月の政府交渉・レクチャーのとりくみ、市政懇談会、要求箇所の現地調査などを踏まえて、寄せられた市民の……(詳しくはこちら
 第3回定例会一般質問の順番が決まりました (2018.9.5)
9月3日(月)から第3定例会(9月議会)が始まっています。一般質問の順番が決まりましたのでお知らせします。福間健治議員団長は7日(金)の11時半頃から、斉藤由美子議員は11(火)日の10時20分頃から、岩崎貴博議員は12日(水)の11時頃からの予定です。それぞれの質問は、前の質問者の時間の配分次第で大きく前後することが……(詳しくはこちら
 第3回定例会(9月議会)が開催されます (2018.9.2)
8月27日、市議会・議会運営委員会が開催され、以下のことを決定しました。会期は9月3日(月)〜28日(金)、提出議案は議案19件(予算議案2件、一般議案17件・条例8件、条例外9件、報告10件)、最終日に、人権擁護委員の推薦の追加議案が予定されています。一般質問は、7日(金)、11日(火)、12日(火)です。各常任委員会は……(詳しくはこちら
 市議団ニュース6月議会特集号がでました (2018.7.28)
通常国会では「働き方改革」一括法案の審議を巡り会期が延長される中、6月11日から25日までの会期で、第2回定例会がおこなわれました。 党議員団は、安倍政権の暴走を地方から告発しながら、皆さんから寄せられた要求を前進・実 現させるために力を尽くしました。オスプレイ参加の日出生台日米共同移転訓練の中止を求める請願について……(詳しくはこちら
 6月議会を終えて−福間健治 (2018.6.28)
今議会は、通常国会で「働き方改革」一括法案の審議をめぐり会期延長されるさなかでの市議会となりました。党議員団は、安倍政権の暴走を地方議会から告発し、地方自治体から市民の切実な要求や願いを届ける役割を果たすとともに、議案は市民目線でチェックし、市政懇談会、地域の「つどい」で寄せられた、市民の暮らし・福祉などの……(詳しくはこちら
 岩崎貴博議員の反対討論要旨 (2018.6.26)
日本共産党の岩崎貴博です。日本共産党議員団を代表して、各常任委員長報告に対する反対討論を行います。まず議第68号 大分市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正についてです。これは、家庭的保育事業の代替保育の提供についての要件を緩和し、食事の搬入施設を追加するものです……(詳しくはこちら
 斉藤由美子議員の一般質問要旨 (2018.6.21)
4月22日、豊予海峡ルート計画について考える市民の会が結成され、120人の参加者で会場はいっぱいとなりました。結成総会のシンポジウムでは、「大型公共事業と市民生活」「伊方原発と豊予海峡ルート」など、様々な視点から発言があり、参加した母親・年金者・佐賀関の住民などからも意見が出されました。「豊予海峡ルートは市民の……(詳しくはこちら
更新記録      管理人